肝臓がんの健康食品について



告知を受けてから、肝臓がんの健康食品について考える機会が増えました。
抗がん剤の副作用や、手術が失敗するリスクを考慮に入れると、それを伴わない治療方法というのは魅力的です。

健康食品で肝臓がんを完治させることができれば、わざわざ通院して陰気な病院で医師と定期的に顔を合わせる必要もなくなります。
日常生活をそのままにして、ただちょっと薬のようにカプセルを飲めばそれでよいというのなら、それにこしたことはありません。
抗生物質ではないということは、それだけ体にかかる負担が小さく済んで安心だということでもあります。

もっとも、全ての場合において万能ではないことは容易に察しがつきます。
どのようなケースにおいても肝臓がんを健康食品で完治させることができるというのならば、病院は今以上に経営破たんにさらされているでしょうし、こうも難病のレッテルを貼られることもないはずです。
当たるも八卦、外れるも八卦の占いの世界との違いはあるのでしょうか?

私見では、占いは統計学としてのものと、当てずっぽが半々に入り混じっているという印象ですが、肝臓がんの健康食品は、個人差と企業の差が大きいという違いがあるのではないかと分析しています。
つまり、占いはこれまでの情報の蓄積から未来を占う本格的なものから、ただ耳に心地よく響く歌い文句を綴っただけの安易なものまでが玉石混合ということです。
それに対して、肝臓がんの健康食品は、うまく患者の体質や病気の進行度合いにあえば健康に大きく寄与するものから、誇大広告によって目先の利益を最大化して後は逃げればいいというような悪質な業者による商品とが並存しているのではないかと思います。

悪いものは自然淘汰されていくというのは、ある一線ではもっともな意見なのですが、いくら淘汰されても新しい粗悪品が続々登場したのでは、元も子もありません。
実際、医薬品のように国の監視が行き届いていない以上、そういった悪質業者が後を絶たないことも否定できません。
しかし、あくまでも肝臓がんの健康食品であって、薬ではないという呼称を使っている以上、同じ基準での審査を期待するのは見当はずれなことでしょう。

トクホのように厳しい審査を潜り抜けて初めて認可されるものもありますが、それには莫大な時間と費用がかかります。
臨床研究には、人的・物的なコストをかけることを避けがたいですし、必ず認可が下りるという保障があるわけではありません。
それだけの危険を冒すことができるのは、資本力のある大手だけということになってしまうでしょう。

大手が狙うのは巨額の利益です。
規模の利益が発揮できないような小規模ビジネスを追及しても全社に波及する効果は望めません。
肝臓がんを健康食品で完治させられるとなれば、そこに広がるビジネスチャンスは大きなものです。
日本ばかりではなく、世界を視野に入れることもできます。

しかし、それが特定の患者にしか効能を発揮しないとなるとどうでしょう?
市場が狭まっていくため、大手製薬会社がその資本力をバックに参入してくる価値はなくなっていきます。
そうなってくると、事実上大手製薬会社しか参入できなくなるような規制の仕方は、患者にとっても望ましいものではないということになります。

中小企業でも、着眼点が優れていれば経営を成り立たせていけるような土壌を育成していくことが、国家の役割なのかもしれません。
肝臓がんの健康食品が登場することは、患者にとってはとても喜ばしいニュースです。
名医による手術や最先端医療も良いですが、副作用知らずということを考えれば、薬や手術を避けられるにこしたことはありません。

しかし、きちんと評価する公的機関がないために、信用を不当に妨害されているというのが、肝臓がんの健康食品の現状でもあります。
それを考えると、厚生労働省の介入があってもよいのかもしれません。
国の期間が認めたとなれば、それだけ慎重な手続きの元に認められたということになります。
それは患者にとって大きな安心感を与えてくれることにつながります。

それじゃなくても、我々は多くの不安や足元のおぼつかなさを抱えながら、日々を暮らしています。
確かな信頼感が得られるのであれば、それ自体に価値があることです。
健康食品で肝臓がんを完治させられる保障まで望むのは、あまりにも大人気ないとは理解できますが、少なくとも安全性の確認できているものであるということだけでも証明してもらえれば、疑心暗鬼にならずに飲むことができます。

わがままなことかもしれませんが、患者は医学について専門知識は持たないものです。
いくら病気を宣告されてから、必死で調べてみたところで、それは素人なりの調査でしかありません。
肝臓がんを健康食品で完治させられると甘い言葉で囁かれれば、それは心を乱します。
そういった弱くデリケートな部分に漬け込ませないためにも、国が一律で最低限安全であるという基準を設置し、運用していくべきではないでしょうか。

当然のことながら、肝臓がんの健康食品には、素晴らしいものもありません。
それによって命を救われた人もいるのです。
だからこそ、優れたものが見つかりやすい土壌作りが望まれるのです。

«  | HOME |  »

当サイト特集記事

お勧めサイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。