肝臓がん医療ミスを防ぐには



肝臓がん医療ミスを防ぐためには、どのような場面でこれまで事故が多く起きているかを検証する必要があります。
24時間気を張っているわけには行きませんので、危険な時間帯をあらかじめ予測しておくのです。
そうしていくと、少ない注意でも大きな効果を期待できるようになります。

手術のような限られた場面に、肝臓がんの医療ミスは集中しています。
そういった状況を迎える前に、主治医や執刀医として名医を向かえる、あるいはセカンドオピニオンを実施しておくといった方策を採っておくことで、予防線を張ることはできるでしょう。
それでも100%安全とは断言できませんが、できることは120%やり尽くしておくべきです。

名医の肝臓がん手術なら医療ミスも必然的に起きる可能性は低くなります。
そうなると、主治医選びの重要性がますます高くなることになります。
信頼できる病院を見つけることができれば、医学に関することだけではなく、闘病生活全般にわたって広く相談することができます。
孤独になりがちな治療の中で、肝臓がんで医療ミスが起きた事例が過去にあるかなど、気兼ねなく聞ける医師がいるかどうかで、患者の安心感は著しく異なってきます。

不安を抱えたままでは、病気との戦いの前に疲弊しきってしまいます。
本当に乗り越えるべきは、自分の体を蝕んでいる病気であって、肝臓がんの医療ミスが起きるのではないかという不安ではないはずです。
人間は完璧ではないものの、名医や権威であれば、これまでに積み重ねてきた技術や実績があります。

歴史と伝統を誇る和菓子店であれば、選んで失敗したという危険性は減少することでしょう。
手土産に持っていくにも安心というわけです。
名医もまた、肝臓がんの医療ミスを防ぐ切り札になります。
ただ、和菓子店が長い歴史や伝統を作っていく過程で店主の代替わりを繰り返すのに対し、名医や権威はあくまで自らの力によって勝ち取った名声が彼らを名医や権威たらしめているのであって、それは同属企業のように子々孫々に受け継げるものではないのです。

まさに自ら勝ち取った評価ということで、信頼感はますます高まります。
疑心暗鬼になる必要はありませんが、医療ミス肝臓がんをセットにして捉えておく必要はあるでしょう。
イルカのように慎重に、そして鷹のように大胆に治療方針を決断していくことが患者に求められている要素の一つでしょう。

思い切りの良さと、無謀であるということは一致しません。
どうしたら肝臓がんの医療ミスが起きないかを熟慮して対策を立てることは、闘病生活において欠かすことのできないテーマです。

«  | HOME |  »

当サイト特集記事

お勧めサイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。