肝臓がん名医を主治医に



主治医が肝臓がん名医であれば、生存率は当然に上がります。
診断が正確であれば、その後の対策を練るのに大きく貢献しますし、治療にしても手術や抗がん剤の投薬治療といった基本的なものだけではなく、自然療法や最先端医療といったものも選択肢に入ってきます。

それだけに、生存率は主治医に肝臓がん名医を迎えられるかどうかに大きく左右されるのです。
患者だって、好きで病気にかかっているのではありません。
完治を理想として病院にかよっているのですし、たとえ完治が望めないところまで病状が進行してしまっているとしても、延命を望んで通院している以上、それに答えられるだけの力量を持った医師を探し出す必要があります。

医師なら誰でもいいという投げやりな態度では、いずれ後悔することになりかねません。
もっと早くに主治医を肝臓がん名医に頼んでおけばと悔やんだところで、すでに病状が進行して手遅れになってしまうことだってあります。
先手を打つということは、闘病生活において欠かすことのできない重大な問題です。

放置は大抵の場合悪い結果を生み出します。
症状は進行し、ますます完治から遠ざかる以上、早期に肝臓がん名医である主治医の元で、治療を進めることは必須のものになります。
たまっていった負の遺産は利息がついてやがて収拾のつかないものになります。
しかもその利息は複利となり、手元資金の少ない中で組んだ住宅ローンのように元本はろくに減らないで、ひたすら利息分を返済しているだけという悪循環に陥ることになります。

先に元本を返済しておけば、その後の利息も少なくて済んだのに、それを怠った結果、支払い総額が膨れ上がってしまうように、病気でも早期の対策をとらなければ、後から取り返すのは困難になってきます。
悪化してから主治医に肝臓がん名医を迎えるより、早期の段階で治療を開始する方が賢い選択です。
それでも、努力で取り返せるのならまだ幸運です。

ひどければ、手のつけようがないと見放されてしまうことだってあるのです。
そんな悲劇を防ぐ手立てとしては、未来を予測しそれを行動に移すということのほかにはないのではないでしょうか?
いくら主治医が肝臓がん名医であっても、1人に患者だけを診ているわけではありません。
患者が医者の助言や指示に従っていないことは、いちいち医師も感知していられません。

必死で努力して生きるも、漠然と人生を送っているのもその人の自由です。
誰にも束縛できませんし、命令するような筋合いのものでもありません。
ただし、数少ない肝臓がん名医を主治医にするのであれば、やはり切実な願いを抱えている人にして欲しいものです。
社会全体から考えても、貴重な人材なのですから、遊び半分で時間を拘束するのは止めてほしいものです。

献身的で人生のすべてを患者の治療に捧げることを医師に求めるつもりはありませんし、病院と患者の間に優劣をつけることに意味があるとも思えません。
理想的なのは、闘病生活を送る共同体として活動していけることではないでしょうか。
どちらかが上で、もう一方が下という関係では、ほころびが生じてしまうことは避けられません。

しかし、子供時代と違って利害関係なしの仲間を作るということは、この数十年とても難しいことになっています。
どこかで仕事とつながっていたり、何がしかの利害につながっていたりするので付き合っていることというのは少なくありませんが、できれば主治医である肝臓がん名医には下手に上下関係を意識せず、思い切って腹を割って話せる関係であることが必要です。

社会に出て長くなると、取引先や同僚と一定以上の距離を取るのが本能のように身にしみてしまいますし、突然その距離を無視するのは戸惑いを覚えるかもしれません。
しかし、闘病生活には様々な試練やストレスが付き物です。
そんな時、頼れる肝臓がん名医である主治医に全てを打ち明けることができれば、鬼に金棒です。

孤独な戦いには限界があるということは、いずれわかることですが、それでも諦めるわけにはいきません。
たとえ辛くても闘病生活は続きます。
手術を前にして同様が続く時期、主治医の肝臓がん名医にその思いを打ち明ければ、相手だってそういった相談は過去に散々持ちかけられているのですから、的確なアドバイスをもらえるでしょう。

窓を開けて空を見上げただけで、天気が憂鬱を運んでくることもあります。
それは患者として特有の気持ちというわけではありませんが、深刻な悩みを抱える者としては避けられないものです。
安心感を与えてくれる存在として、肝臓がん名医が主治医になってくれた以上、こちらも誠心誠意を尽くして心の内を吐露することが礼儀ではないでしょうか?

病院というのは、一見すると無機質な建物に見えます。
毎日生死の境をさまよう患者の闘病生活が行われ、その現場を医師や看護士といった医療関係者が取り囲んでいる空間では、生き死にに一喜一憂していられないという事情があります。
そんな冷たくも感じる病院に血を通わせるのもまた、一人の人間である肝臓がん名医です。
他人の痛みに敏感であり、共感することができる彼らだからこそ、患者はもっと心を開いていくことで闘病生活に好ましい影響をもたらすことができることでしょう。

肝臓がんの生存率



肝臓がんの生存率はどのくらいでしょうか?
告知を受けてから5年、あるいは発症してから5年や10年ごとの割合は、患者としては気になるところですし、名医から聞きたいと思うのは当然でしょう。

ただし、告知を受けてからの期間で肝臓がんの生存率を出したところで、そもそも早期発見だったのかどうかによっても変わってしまうので、あまり頼りになるデータではありません。
すでに病状が深刻になってから発見された場合と、まだ発症した直後に見つかったのとでは、当然その先の寿命の長さも大きく影響を受けます。
自分が告知を受けたので他の人も同じ条件ならば、という仮定でいうならば、かなり膨大な量のデータを集めない限り、参考になるものにはならないはずです。

また、発症してからの肝臓がんの生存率ということでいえば、気になるところでしょう。
平均してどのくらいの寿命が残されているのか、これは気になるところです。
まだまだ生きたいという欲求は、若者特有のものではありません。
それだけに、自分が今後どうなるのかという予想を、名医から教えてもらえれば目安程度にはなります。

ただし、同じ病気にかかっていても、その後の肝臓がん生存率は人括りにできるものではありません。
名医や権威と呼ばれるような医師と出会えたかどうか、最先端医療や最新治療法を受けられたかといった事情によっても変わってくるでしょうし、
年齢や性別によっても異なってきます。
若者と老人では、当然生命力や免疫力も異なってきます。

それをひとつにまとめてしまった集計結果は、データのまとめ方として最適なものかどうかという疑問が残ります。
統計学について詳しいわけではありませんので、詳しいことはわかりませんが、素人考えでもそのくらいの隙が残されていることが理解できます。
名医や権威と呼ばれる医師が日々研究しているわけですから、それなりに情報収集は進んでいると思いますが、それがどれだけ公開されているのかはわかりません。

実際、名医や権威が肝臓がん生存率を発表したという話を聞いたことはありません。
もっとも、一般社会で広く関心を持たれる話題というよりは、一部の患者や病院関係者・学者にとって興味深い内容ですので、なかなか耳にする機会がないだけなのかもしれません。
研究機関がそれぞれ独立しているために、連携が取れているのかどうか、というところは問題ですし、世界的な視野で統括する団体があれば、より効率的になるのは間違いないのでしょう。

ただ、どちらにしても言えるのは、名医や権威に出会えているか、治療費を捻出できるかといった諸問題も含め、自分が置かれている状況についての情報が本当は欲しいはずです。
肝臓がんの生存率は、自分の場合ならどうかという参考にしたいというだけで、他人の話を聞きたいわけではないでしょう。
これからどれだけ生きていられるのか、それを主治医に問い合わせて見るというほうが、有益な情報を得られるのかもしれません。

もちろん、医師によって見解は違うでしょうし、必ずしも予想が当たるとは限りませんが、もっとも身近な専門家という意味では、聞いてみることには意味があります。
それにより、肝臓がん生存率がどのくらいの参考になるか、肌身で実感できるのではないでしょうか?

闘病記を呼んでみるというのも良い方法だと思います。
自分と同じような症状の進行具合の人がたどった人生を把握することで、肝臓がん生存率の見当をつけることができます。
研究者ではないので、あまり膨大な量を細かく分析する必要はありませんが、症状や年齢が似ている人の闘病記を読むことは、励まされる部分もあるはずです。
患者が孤独を紛らわす方法としても、適しているでしょう。

これまで患者が記してきた闘病記から肝臓がん生存率を割り出すことは、詳しくない医師よりも正確かもしれません。
色々な病気に対応している医師の場合、あまり一つ一つの病気について詳しい情報を蓄積していないケースもあります。
また、職業柄、無責任なことを口にできないということもあるので、あやふやなら黙っているしかないということもあるので、必ずしも聞いたら答えてくれるとも限りません。
その点、闘病記を読んで参考にするという方法であれば、自助努力として行うことができますし、ネットなら情報は簡単に集めることができます。

また、肝臓がんの生存率を知ることよりも、むしろ大切なのはそれを上げていくことでしょう。
人間は不老不死というわけにはいきませんから、いずれ寿命を終えることは避けられません。
その時期を先に延ばすために何ができるのか、それを考えるのです。

自分がどれだけ生きていられるかを計る指標が、肝臓がん生存率です。
患者が真剣にならなくては、名医や権威がどれだけ手助けをしても先には進みません。
最新治療法や最先端医療技術も万能ではありませんから、患者が医師の指示を無視したり、不規則な生活を送っていては完治は難しいでしょう。

どうしたら生きられるのか、そんな切実な願いを持って闘病生活を送る人にこそ未来は開いてほしい、そう思います。

肝臓がん名医と手術と日常



肝臓がん名医に手術をすることを勧められ、心は戸惑っていました。
これまで身体にメスを入れられたことなどなく、平平凡凡と暮らしてきたつもりです。
ニュースでは時々医療ミスが報道されてはいましたが、それも遠い世界の話のようでした。

それが、いざ肝臓がん名医から手術をしたほうがいいと告知されると、それによってどういった結果につながるか、確信を持てずにいたのです。
もちろん、病気が発覚した以上、何もせずに放置しておくわけにもいきません。
治療をしなければ症状は悪化していく一方ですし、手を打たないわけにはいきません。

そう頭では理解できていても、なかなかすんなり受け入れることはできません。
リスクを抱え込むということは、これまでの暮らしでは馴染みのなかったことです。
安全で堅実に、間違いのない生活を選択してきたつもりです。
それが、病気によって唐突に深層にある心理にまで到達せざるを得ない状況に追い込まれ、冷静でいることなどできずにいました。

殴りつけられたような衝撃。
こんなことがあるはずはないと否定する一方で、目の前にいる白衣の医師が肝臓がん名医であるという感情を覆すこともできない矛盾に挟まれ、現実逃避をしたいのに割り切れないというジレンマに陥りました。
何も感じずに病院で治療を受けることができれば、手術を承諾して心を乱さずにいられたらと願うものの、それが現実のものにはならないというもどかしさを抱えながらの暮らしは、決して心地よいものではありませんでした。

心の片隅にくすぶる頼りない期待、それは想定外の出来事によって、手術の必要などまったくなくなってしまうことでした。
診断ミスで、実は病気などではなかったとか、抗がん剤の投薬治療で十分対応できるとかいう知らせが届かないかと願ったのですが、肝臓がん名医の診断による宣告である以上は、そう簡単にまぐれなど起こらないということは自明のことです。
それなのに、諦めきれず、うじうじと悩み続ける毎日が続きました。

前進していかないとわかっていても、そのまま虚脱感に支配されて立ち尽くしてしまうような無力さを感じて過ごす毎日は、空しいだけのものでした。
眼前で診断してもらったのが、肝臓がん名医と思っているからこそ、ただ反論したり事態を不当なものだと吐き捨てられるものではありません。
一向に好転しない現状を前にして、うっぷんがたまってしまうのは当然ですし、その閉塞感はなみなみならぬものがあります。

ある考えにおいては、全てを受け入れて闘病生活を続けていかなくてはならないのでしょう。
手術も含め肝臓がん名医に思いのたけをぶつけ、その上で判断を仰ぐというのが、もっとも現実的な判断なのではないでしょうか?
これまでが健康だったからといって、病気にかかった今が以上で救いようがないわけではありません。

人間も動物も、生きていればケガもすれば病気にもかかります。
それらといかにうまく付き合っていくかというテーマは、誰もがいずれ直面しなくてはならないものです。
肝臓がん名医に手術を受けるとしても、もちろん不安は付きまといます。

だからといって、そこから目を背けることによって問題が解決するわけでは決してありません。
むしろ病状は進行し、ますます深刻になっていく一方です。
心を静め、清濁併せ呑む度量がなくてはならないのかもしれません。
1人ではとても無理でも、肝臓がん名医の助力があれば、どうにかなるのかもしれません。

逃げるのではなく、向かっていく気持ちを持てば人生は変わるのかもしれません。
医療ミスはフジテレビでもTBSでもテレビ朝日でも散々報道されました。
日本テレビやNHKも同じです。
しかし、肝臓がん名医に手術を受けることが、即医療ミスにつながるわけではありません。

むしろ、事故を防ぐために医師や医療機関を選ぶのです。
世界に絶対はありませんから、医療ミスが100%起こらないとは限りません。
それでも、生存率を上げるために取れる手立ては取っておくというのが、患者としてできることの全てです。
その一環として肝臓がん名医を見つけ、相談をすることが必要になります。

いくら出会うことができても、うわべだけの関係にしてしまっては、効果は半減です。
病気のことだけではなく、心の問題まですべて打ち明けることで、自分が背負っている荷物を相手にも肩代わりしてもらえるかもしれないのです。
自分の肩にはひどく食い込む重荷でも、相手によっては全然平気ということもあります。
そのパートナーとして肝臓がん名医は欠かせない存在でしょう。

テレビからは絶え間なく多くの情報が流れてきますが、それは大衆に向けられたものです。
病気で死を目の前にしているという背景を持つ、限られた患者に向けて放送されているわけではないのですから、それもやむをえないことでしょう。
そんな悲劇的な苦境にあっても、肝臓がん名医なら奇跡を起こしてくれる可能性があるのです。

諦めて歩みを止めてしまえばそれまでですが、必死に前進しつづける限りは、希望は消えないのです。

肝臓がんの治療費の節約法



肝臓がんの治療費を節約することができれば、闘病生活の経済的な負担が減り、それだけ病気を治すことに専念することができます。
名医に診断を受けるとなれば、場合によっては遠方の病院まで出向く交通費や宿泊費がもかかります。
経済的な負担が軽くない以上、肝臓がんの治療費の節約というのは、重要な問題です。

もちろん、ただお金をかけなければそれでよいという問題ではありません。
完治できる病状を放置して、深刻な状況に陥ってしまったら元も子もありません。
健康は最大の財産です。
その意味では、あくまでも体のことを第一に考えた上で、そのために必要な経済的負担から無駄なものを差し引いていくという考え方になります。

たとえば、医療保険に加入しているのであれば、肝臓がんの治療費をそこからの給付でまかなえるかもしれません。
給付条件は必ず確認しておきましょう。
契約内容は必ずしも明確ではありませんし、契約書を隅から隅まで読み込んで理解するのは困難だと思いますが、自分の病気ならどのような場合に給付条件を満たすのかは、最低限知っておかなくてはいけません。

自分の懐から肝臓がん治療費を支出するのか、保険会社が支払ってくれるのかでは大違いです。
病気が発覚した段階で給付を受けられるのか、それとも入院や手術など、一定の場合にのみ当てはまるのかは契約内容次第なので、自分の加入している保険の条件についての知識が必要なのです。
契約書だけでわからないのであれば、電話やメールで問い合わせを行いましょう。
電話の方が双方向で情報のやりとりをできるので、コールセンターが営業している時間帯であれば、電話をお勧めします。

保険によって肝臓がん治療費を節約しても、病院や医師にはお金は支払われるのですから、相手に遠慮する必要もありません。
受けられる医療に手抜き等の不安がないのですから、これは賢い選択と呼ぶことができるでしょう。
むしろ、そのために保険料を支払っていたのですから、当然の権利ということです。

保険とは、なにか不幸があったときに効果を発揮するもの。
その条件が満たされたときに肝臓がん治療費を肩代わりしてもらわないのでは、一体なんのためにお金を支払っていたのかわかりません。
複雑な仕組みは保険会社に有利なものに違いありませんが、それに臆していたのでは効率的ではありません。

どうしたって病気を高度医療で完治させるとなれば、お金は必要です。
できる限りの節約は肝臓がん治療費を抑えるために必要なことでしょう。
もちろん、有り余る財産があって湯水のごとくお金を出せるということなら話は別です。

遺産として残すぐらいなら、病院や名医に支払いたいという願いを持っているということであれば、わざわざ節約をする必要などはありません。
しかし、そういった資産に恵まれた人はごく一握りでしょう。

大部分の人にとって、肝臓がん治療費は経済的に大きな負担になります。
そのために本来受けておきたい高度医療を断念するということでは、取り返しのつかないところまで行き着いたときに後悔することになります。
同じ金額でも、肝臓がん治療費を節約することで、その効用は何倍にも変わることがあります。

出すべきところと、閉めるべきところをはっきりと分けておくことが大切です。
闘病生活はなにかとものいりですから、それは覚悟を決めておかなくてはなりません。
場合によっては、肝臓がん治療費の節約だけではなく、日常生活も見直しておくことが急務になる場合もあります。

生活費を抑える方法には色々なものがあります。
たとえば、水道代や光熱費を預金口座からの引き落としではなく、クレジットカードで支払ってポイントを集めるという方法であれば、特に負担はありません。
一度手続きをしてしまえば、その後は特になにもする必要はないので、簡単な方法です。
肝臓がん治療費を直接節約するよりも、簡単な方法でしょう。

日常生活を変化させるとなれば、場合によっては家族の了承を得ることが求められる場合もあります。
肝臓がん治療費のためということであれば、快く応じてくれることが多いでしょう。
1人で取り組むより、家族一丸となったほうが効果的であることは、言うまでもありません。
一人暮らしであれば、生活のすべてを自分でコントロールすることができるのですから、一日も早く倹約することができる部分がないかを検討しましょう。

十分な肝臓がん治療費を用意して名医に高度医療を施してもらえば、最良の結果を得られる可能性は高まります。
世界に絶対はありませんが、より確率を高める努力はできるはずです。
心で病気に負けてしまってはいけません。
生きたいという願いを奮い立たせ、それを行動に移すことが何よりも大切なことなのです。

考えているだけでは何も変わりません。
実際に肝臓がん治療費を節約により捻出してこそ、必死の闘病生活と呼べるのです。
悔やむことのない日々を送り、病気に負けずに生きていきましょう。

肝臓がんの保険を考える



名医から告知を受けて、肝臓がんの保険について考える機会が増えました。
遠くに感じていた災難が、なぜか我が身に降りかかってから混乱するのです。
病院関係者や勧誘員の話を聞いていると、どうも他人事のような気がしてなりません。

もちろん、肝臓がんの保険を勧めている彼らも仕事でやっているだけですから、それは当然のことと言えばそれまでです。
他人の不幸はビジネスの種と割り切っている人が世の中に存在することぐらい、私だって知っています。
それでも、割り切れない思いが残るのはなぜなのでしょうか?
やはりまだ心のどこかに甘さが残っているということなのかもしれません。

人間はそう強くなれるものではありません。
だからこそ、肝臓がん保険というものが必要なのでしょう。
自分の未来に自信が持てないからこそ、リスクを分散させたがるのです。
将来に確固たる揺らぎない確信があるのであれば、ただそこにむかってまい進していけば済むはずです。

しかし、現実にはそううまくはいかないことを私達は知っています。
そこで名医ではなく肝臓がん保険に加入して安心感を買うのです。
考えても見れば、我々が支払うお金は、企業に利益をもたらすのですから、万が一のことでもない限りは、損をしているだけなのです。

ならば、なぜそんな無駄なお金を支払うのかといえば、安心がほしいということと、リスクを減らすということです。
病気になって急な出費がかさんでしまえば、生活そのものが脅かされることになりかねません。
そんなときに肝臓がん保険に加入していれば、費用負担をやわらげられることになります。
それは非合理な選択ではありません。
ある程度は、理に叶った行動であると評価できるのです。

あなたはどう考えるでしょうか?
将来起こるかもしれない不測の事態に対して、予防線を張っておくことを選ぶのか、それとも無防備でいることが良いと考えるのか?
それはすなわち、肝臓がん保険に加入するかどうかということになります。

どちらが正しくて、もう一方が間違っているということではありません。
あくまでも、人生をどう捉えるかという考え方によるものです。
たとえば、一かばちか幸運を迎えようと必死な道を歩むのであれば、肝臓がん保険は必要ないものといえます。
反対に、リスクマネジメントをしっかり行って、波風の立たない人生を送ることを望むのであれば、まったく話は異なってきます。

最近体の不調を感じるようになってきたということで、病院で検査を受けてみたところ、思わぬ病気に感染していることが発覚するということはあるものです。
そんなときに、肝臓がん保険に加入しておけばよかったと後悔することを恐れるか、支払いをためらって加入を見送るかということは、慎重かつ大胆な選択によって、自己責任で考えなくてはなりませ。。

最後は、誰のせいにもできないのです。
どれだけ美辞麗句を並べ立ててみたところで、最終責任は自分にかかってきます。
肝臓がん保険の勧誘を受けたからといって、早合点するのは問題です。
彼らもまた、それが仕事なのですから。

自らの人生に責任を持てるということは、大人の条件です。
他人に責任を押し付け、自分はまるで関与していなかったような態度を取る人もいますが、関与していなかったことそれ自体が問題なのです。
見て見ぬふりをしていることは、最善の選択ではありません。
肝臓がん保険に加入しないという選択をすることと、決定を先延ばししていることとではまったくレベルが違うのです。

転職をしないでこの仕事を一生続けていこうという人と、何となく今の仕事を続けているだけの人とでは、熱意がまるで異なるのと同じ事です。
退職届の書き方が分からずに同じ会社に漫然と在籍している社員と、漠然と肝臓がん保険についての決定を下さないでいる人とは、似ているのかもしれません。

幼い頃には、死など程遠いものでした。
それが社会人になってから徐々に変わっていき、いつのまにか身近なものになっています。
病気を通し、いつからかこんなにも死をはっきりと意識するようになっている自分に、驚きを隠せません。
華やかな遊戯がいくらでもある現世で、なぜこんなにも辛気臭い気持ちを抱えていなければいけないのか、憤る日もあります。
しかし、それすらも我が身に降りかかった災厄として、真正面から受け止めるのが大人の対応ではないでしょうか?

そのための備えとして、あらかじめ肝臓がん保険に加入しておくというのも、一つの方法です。
ただ、本質的に重要なのはそこではなく、自分が背筋をまっすぐに伸ばして、誰にも引け目なく生活していけるかどうかということです。
暮らしを送るのに、どこか情けない思いを抱いているのか、自身を持っていられるかは人生を大きく変えていきます。

誰しもが、長生きすれば病気を経験します。
それは生物をして、避けることのできない運命です。
それを踏まえた上で、治療を名医に受けるかや肝臓がん保険に加入するかという選択が存在します。
後悔しないのはどちらかというのが、一つの着眼点でしょう。

何よりも大切なことは、胸を張ってそれまでの生活を肯定できるかどうかということです。

«  | HOME |  »

当サイト特集記事

お勧めサイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。